キレイなオフィス

物件について

枠組みが見える

歯科医院の居抜き物件とは何か

居ぬきとは、前のテナントなどの内装や設備がそのままの状態で物件を譲渡することです。内装がそのままということで、少しの手間ですぐに開業することができます。 歯科医院の居抜きという場合は、前の歯科医院の設備がそのままの状態で売却に出ているということです。 新たに歯科医院を開院したい人が、居抜き物件を探すことのメリットは、開業費用を大きく抑えることができるということになります。 居抜き物件は、仲介業者を通して探すことになります。 関東を中心の業者もあれば、全国展開している業者もあります。 歯科医院の物件を売却する場合は、その場所を元の状態に戻す必要があります。しかし、居ぬき物件として売ることによって歯科の機材が資産となるほか、元に戻すための費用がかからないというメリットがあるのです。

物件を決める時の注意点に関して

居抜き物件の歯科医院を探す時の注意点は、そこがどのような場所であるかということがあります。 人通りがいいか、商店街が近いかなど歯科医院としての立地条件が望ましいかということも重要なポイントとなります。 歯科器材がどのようなものかも事前に下見して確認しておいたほうがいいでしょう。売却に出ている居抜きをいくつか見学にいくことで本当に買いたい物件をみつけることができるでしょう。 そこの歯科医院に通院している患者をそのまま引き継ぐことが出来るうえ、スタッフの再雇用をすることも出来ます。 新しい歯科医院として事業をスムーズに軌道に乗せることが出来るのです。 内装、機材はそのままで、看板を変えれば開業できると言ってもいいのです。

工事で整える

窓の拭き掃除する

不動産を駐車場へと変える時には工事の施工が必要不可欠となりますが、その時には土木会社に依頼します。工事を受ける会社によって方法や施工の工夫、施工費用は変わってきます。

貸事務所を借りる

日当たりがいい場所

仕事をする時には、仕事場の環境も非常に大切です。もし事業を始める場合であれば、効率良く仕事ができる設備の整った貸事務所を見つけるのがよいでしょう。仕事をした時のことを考えて探すことが大切です。

新たな事業をする

国旗がうつっている

新たにお店を開業する場合であれば、初期費用にかなりのお金がかかります。しかしながら、居抜き店舗であればあらかじめ設備が整った状態であるため初期費用もかなり抑えることができます。